NEWS

最近の卒業式事情

2019/03/26

※このレポートは株式会社ユーキャンパス大学生実情レポートと共同制作したコンテンツです。


大学の卒業式と言えば、京都大学のコスプレ卒業式や、防衛大学校の帽子投げなどが有名ですが、私代表の渡部が訪問した立教大学で、感じたことをレポートします。


まず驚いたのが看板前の撮影の為の行列。正門前から100メートル近い列があって、数人の警備員が行列を整理していました。

何かと思えば、記念に卒業式の看板前で写真を撮るために列をなしていたのです。私はたびたび、最近の大学生は親と仲が良いと発言していますが、ここでもその一端を見ることができました。

学内に入ると、卒業生が出てくるスペースでは応援団がエールを送っていました。
残念ながら撮影禁止で写真は撮れませんでしたが、チアリーダーや応援部が見送る学生と一緒に校歌を歌う姿には、さすが六大学。愛校心を感じました。
私は特に応援部のMCが大好きなので、各大学の応援部の部員減少問題は、部活やサークルを支援し続ける立場としては、なんとかしてやりたいと痛感しました。
そんなことを考えながら気づいたのは、かつて見られたスタジャンやユニフォーム姿で見送る部活やサークルの在校生が全く見られなかったこと。
後輩が個別に花束を渡す姿はありましたが、サークルの行事として卒業式当日に先輩を見送るということは、行事としてなくなっているかもしれません。

私は食堂でのアポイントだったのですが、謝恩会と重なった為、その様子を垣間見ることができました。

とても歩けないほど中は賑わっており、先生方とスマホを自撮りする姿は20年前には見られませんでしたが、今や先生方も学生との自撮りに慣れたものでした。


卓上にはビールも置いているものの、全般的に飲食は控えめな様子でした。


今の学生は飲まなくなったなぁと思っていたら、屋外でビール瓶を抱えながら歩く元気な学生を見かけて、ちょっと安心しました。

しかし、今も昔も卒業式は袴を着て、写真撮影。


四半世紀以上大学生を見てきても、そんなに変わらないものもあるんだと思いました。